院長ブログ

2018.05.11更新

こんにちは。ひとみ矯正歯科医院の田村です。

今週の水曜日は医院をお休みさせていただいて、学校の歯科検診に行ってまいりました。今回は中学生と高校生の生徒さんのお口の中を見せていただきましたよ。

きちんとカウントはしていないので感覚的ですが、5〜6人に1人は矯正装置がついている、もしくは保定装置(矯正治療が終わった後にとめておくための装置)がついている感じでした。私が小さい頃に比べると矯正治療はどんどん普通になってきているんですねniそして生徒さんがつけている矯正装置も一つとして同じものはなくて、教科書でしか見たことのないとても珍しい装置をつけている生徒さんもいてびっくりしましたabon先生によって使用している装置が様々なんだなぁと言うこともよくわかりました。

逆に、矯正治療をしたほうが良さそうな生徒さんもまだまだ多数いらっしゃって、矯正治療をすることがもっともっと当たり前にならないとな〜hunとも思ってしまいました。

 

一番最初に中学1年生の生徒さんのお口をみせていただいて、その後だんだん上の学年の生徒さんをみせていただいたんですが、中学1年生はほとんど虫歯がなく虫歯を探すのに苦労するくらいでしたが、学年が上がるにつれてどんどん小さな虫歯がある生徒さんが増えていましたねnamida

やはりまだ中学1年生くらいだと保護者の方が歯磨きしなさいと言うと、まだ言う事を聞いてくれたり、生活リズムが整っているけど、どんどん上の学年になると保護者の方のいうことを聞かなくなってしまったり、勉強を遅くまでしていてお夜食を食べたりでそのまま寝ちゃったとかが原因なのかな・・・?などと色々考えちゃいました。

こう考えると中学生って虫歯予防にはとても重要なポイントとなる時期なのかもしれませんね。小学生の間に保護者の方が頑張って虫歯がほとんどない状態に維持してくれたものを今度は自分でしっかり維持していけるような方法があるといいのになぁと思います。

投稿者: ひとみ矯正歯科医院

歯並びのことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

  • WEB予約はこちら
  • メールはこちら