院長ブログ

2018.04.14更新

4月11日〜12日のお休みの日を利用して東京で開催されているAngle society of Orthodontistsのミーティングに参加してきました。

Angle society of Orthodontistsは日本語でいうとAngle矯正歯科医会になるのかな?

で、Angleというのは人名で、近代矯正歯科学の父と言われているEdward H. Angleという方のお名前からきています。(この方を知らない人は矯正治療をやってはいけません!と言ってもいいくらいの偉大な先生です。)

アメリカの先生が中心となっていますが世界各国から矯正歯科医が参加して、自身の研究や治療を発表しながら向上していこうという会です。はっきりと数えてはいませんが、今回参加された先生は半数くらいがアメリカからで、それ以外ではオーストラリア・タイ・韓国・台湾・日本・ドイツ・イタリアの先生がたとお話ししましたよ。

この会はメンバーからの紹介がないと参加できません。メンバーになるには初回はゲストとして参加して、2回目の参加で自身の研究と治療の発表をしてそれが認められればメンバーとなれるそうです。今回は私の大学院時代の指導教授と、お友達のオーストラリアの先生からお誘いを受けて、お二人と久しぶりにゆっくりお話しできるなと思い深く考えず参加したんですが、参加しているメンバーは本当に矯正学の世界で有名な方ばかりで、アメリカの矯正歯科学会誌でしょっちゅうお名前を見る方、論文を書く立場ではなく査読といって提出された論文をチェックをする方、大学の矯正科の教授の先生、etc・・・私なんかが参加してしまって本当に申し訳ございません!!!と後で本気で思いましたが、みなさん本当に気さくに話しかけてくださってとても居心地よくとても楽しかったです。

研究発表は日々の診療につながるものから基礎研究まで色々なものがありました。個人的には基礎研究で、振動が歯の移動に関わるタンパク質に影響を与える可能性があるという発表が面白いなーと思いました。日本にはまだあまり入ってきていないのですが、ここ数年、歯に振動を与えて矯正治療での歯の移動を加速させるという装置が話題になっています。積極的に使う先生もいるし、マユツバものだよという先生もいたりして、本当はどうなのかな?って思っていたので。それから他の発表では発表後のディスカッションが白熱していて日本の学会ではあまりみられないので、やっぱり日本人っておとなしすぎるのかな?と思ったりしました。

発表の時以外でも懇親会や何人かの先生がたと飲みに行ったりして矯正のお話だけでなく色々なお話しをしてとても充実したミーティングでした。こんな面白いことがあった!とかで笑いあったりとか、悩んでることも大丈夫!だんだん良くなるよ!と励ましてもらったりして本当に嬉しかったです。メンバーの先生がここは本当にファミリーの集まりみたいなのよとおっしゃっていたのがわかる気がしました。矯正治療の世界を先頭をきって切り開いている先生がたや、世界のいろんな国で同じように私の大好きな矯正治療を同じように頑張っている先生がたのお話しからかなり刺激を受けて、いつか私もここで発表できたらいいなと思いました。大変だけど少しずつ準備していきます!

投稿者: ひとみ矯正歯科医院

歯並びのことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

  • WEB予約はこちら
  • メールはこちら